fc2ブログ

てんちょのひとり言

PRAY for JAPAN ~みんなで力を合わせて~       自由気ままに思ったことを書きます。独り言にようにつぶやきます・・・

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


おいおい

いよいよ来月17日からHawaiiだ。


滞在もいつものナウルタワーに決まって一安心。


毎年欠かす事のないHawaiiでのサーフィンは自分の限界への挑戦、という気持ちでノースショアへ通っている。


日本では絶対に味わえないパワフルな波、海に入る前の恐怖心、サーファーにとってこれ以上にない環境。


どれをとっても日本では絶対に得られない経験だ。


よくうちのクラブ員たちにはてんちょはBig Wave好きだもんね~


なんてよく言われてるけどHawaiiじゃとてもじゃないけどそんなことは口が裂けても言えない。


信じられないような壁みたいな波が押し寄せて来るノースショアは極限られたサーファーしか入れない特別な場所。


でもまぁ波がない日や小さい時ももちろんあるわけだけど一度サイズが上がると戦場と化すわけさ。


世界中から集まったプロサーファーやトップアマチュアがしのぎをけずり己のスキルアップを目指している。

だから中々良い波に乗るって事は難しいんだ。


てんちょはHawaiiには毎年冬の時期に必ずノースでサーフィンするようにしている。


今の自分にとって何が足りなくてこれからどんな風にしてサーフィンを向上しているかとかを考えながら1本1本大事に波に乗る。


もちろん楽しみながらね。


けどやっぱりHawaiiの波は乗れれば最高に楽しいし日本では経験できない貴重な財産になるんだけどなにせ命がけって時も多々ある。


昔、もう10年くらい前かな・・・。自分的には全盛期というか一番サーフィンしていた時にかなり自信過剰で怖いもの知らずな時期があったのね。


そんでサンセットでサーフィンしたんだけどその時は確かサイズ的には4~5Feet位の波(日本ではダブル~ダブルオーバーくらい)のクリーンで良い波だった。


そん時は結構長い時間サーフィンしていて3時間くらいした頃かな~


ん?



ちょっとSetの波がでかくなってきたな~なんてくらいにしか思ってなかったのね、最初のうちは。



そしたらそっから10分おきくらいにどんどんバカでかいSetが入ってくるようになってきて、確かその時使用していたボードは日本でも使っているオールラウンドボード(確か6’3”だったような)でサーフィンしてたんだけどもうそのボードじゃ太刀打ちできないくらいの波のサイズになってきていてこりゃまずいって思ったわけさ。


そしたら目の前にお化けSetみたいなのが向かってきてちょうどいる場所がほぼピークでもう行くしかないわけよぉ~


ドルフィンしても絶対にはじき返されるしもう破れかぶれで心の中で『行っちゃえぇぇぇぇぇー!』って


Goしたのはいいんだけど真っ逆さまでピークからたたき落とされたのね。


たぶん・・・。



サイズ的にはもう8~10Feetクラスだったと思うよ。



巻かれた時の記憶はうっすらしか覚えてないけどとにかく長い時間(あの時は永遠に感じるくらい長く感じたけど・・・)ずっと海の中に閉じ込められてた。


しかも上か下かも分からない。



肺の中にももう酸素が無くて早く空気をもらって楽になりたい。



ようやく自分が海底に向かっていることに気づき、素早く方向転換して上に向かった。


何とか生きてる!



喜んだのも束の間。



自分の目の前にはまたもや8~10Feetクラスの塗り壁のような波が口を開けて襲い掛かってくる。



この時はちょっと


『死ぬのか!?オレ・・・』って考えながら波に身を任せ過去の記憶が頭の中でよぎった。



数秒で自分が今まで生きてきた記憶が一気に思い浮かんできて



『あーこれが死ぬって事ね』


って。



幸い今度は上がしっかり分かっていて『やばっ』っと思って全力で上に向かう。



そしてフィニッシュはまたもや塗り壁が口を開けて迎えに来てくれていた・・・。


『終わった・・・。』


3発目を食らった時には意識が半分飛んでたね。


何とか浮上してボードにしがみついたのはいいんだけどやたらにボードが短くなってる・・・。



あぁ~真っ二つになったのね・・・。(涙)


自力で岸へ向かってビート板につかまってバタ足してるみたいにして生還できた。


あん時は人間はそう簡単に死なないもんだなぁ・・・って思いながら仰向けでHawaiiの空を見てた記憶がある。


空って青いんだなぁ・・・。



って思ったら全身痙攣っていうかブルブル震えちゃってさぁ~


生きてて良かったぁって心の底から思ったね。



それからはノースに行ってもサンセットまで足を運ぶことはなくなった。


ロッキーまでしか行けなくなった。


完全にトラウマだったんだろね。


そして去年10年振りくらいにサンセットより先に足を運ぶことができた。


あいにく去年はサンセットから先は波が良くなかったから入らなかったけど、今年はノースは波良いらしくリベンジというかもう1度チャレンジしたいなと思っている。


トレーニングも順調にしてきて(体重は全然落ちないけど・・・)基礎体力はだいぶついてきたからね。


良い波乗れるようにしっかりサーフィンして頑張るぞい!


五体満足で帰って来れるように頑張るぞ~!


ってだいぶ話がそれちゃったんだけど・・・。


今日SSJからのメルマガが届いてロックダンスチームのHawaiiでの最新情報が送られてきた。


って    おいおい


↓原文一部抜粋

現地サーフメディア特派員からの最新情報を下記に一部抜粋します。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  
  22日に脇田貴之がパイプラインのクローズアウトのチューブに飛び込んで

  いって潰され右眉を大きくカットし、顔面真っ赤の大流血でビーチに上がり

  救急車隊員による手当の後に家族の運転でクイーンズホスピタル直行し
  
  取れそうになっていた右眉毛を直してもらい、抜糸まで1週間の診断がでました。

  その直後の脇田のコメントで「愛用しているヘルメットに新しい血が染み込んで

年季がました。」と本人はクールにアクシデントを受け流している。

  これまで15年以上もパイプラインと格闘したきたスキルはただ事ではなく、

  さらに気を引き締めてパイプラインにチャージしていくことだろう。



これ見てると自分がいかにちっちゃいサーファーかがよく分かる・・・。


すごすぎっす。


さすがは“世界のWAKITA”さんだ。

スポンサーサイト




Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

ADDICT

Author:ADDICT
ADDICT SURFの店長。
自由きままに生きてます!
座右の銘
「なせばなる何事も」 
「経験(継続)に勝るものなし!」

アゲハ時計
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-