fc2ブログ

てんちょのひとり言

PRAY for JAPAN ~みんなで力を合わせて~       自由気ままに思ったことを書きます。独り言にようにつぶやきます・・・

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
02


Hawaii滞在 6日目 Part3


Tokoroサーフボードの工場から戻りSUNSETで波チェック。


おーおーおー


結構サイズあんじゃんよぉ~!


インサイドボウルまでもが今まで見た中でも一番デカそうだ。


DSC03544.jpg

よ~く波を見ているとアウトからとんでもない波が押し寄せているのが分かった。


DSC03559.jpg

2日目に入った1ラウンド目の時の6~8FEETより迫力が違った。


ビーチにはカメラマンやギャラリーが多く賑わっていた。


午前中のPipelineの前にもすごい数のカメラマンやギャラリーがいたんだけども、数だとSUNSETの方が多かったかも。。。


海沿いのカメハメハHywも大渋滞だ。


DSC03572.jpg


ストレッチしながらライディングを頭の中でイメージして覚悟を決める。


予想は8FEETオーバーで未知な世界に突入していると思われ、巻かれた時に冷静になれるよう心を落ち着かせていた。


不思議と恐怖はなかった。


ただ8FEET以上の波に出くわすなんてそうはないので興奮というかワクワクした気持ちに近いかな。


未知の世界へパドリング


ゆっくりと体を動かしアウトへ向かう


右前にはインサイドボウルが巻いている


4~7FEETってとこだろう


さらに右奥にはインサイドボウルよりも確実に大きいSETの波が押し寄せている。


真近で見るとインパクトが違うもんだ


あれに乗れるのか、、、俺は、、、


2日目の波が小さく思えてきた。


6~8FEETだったのに、、、


セカンドリーフにあるいつものポジションで波待ち開始


波が大きければ大きいほど右奥からブレイクし始めるSUNSET


この日はかなり右奥でとてつもないブレイクをしていた~


マジデカイ!!!


SETの波が見えると一目散に左前に向かって馬の群衆のようにサーファーが逃げていく。


冷静に見ると面白い光景なのかもしれないが当の本人達は必死なのですよ。笑


8~10FEETサイズだった。


めちゃくちゃ長いSUNSET GUNに乗るロコ達がピークからもの凄いスピードでダウンザラインしリップを繰り広げていく


そして長いロングウォールが延々とインサイドボウルまで続き、そしてそこでチューブとなってサーファーを包み込んでいく素晴らしい波だった。


こんな波をずっと待ち望んでいたんだ


そしてそれが実現できるフィールドにいる事に感謝。


1本目乗れるまでポジションをチョイスするのに時間を要した。


あんまり右奥の一番デカイ波を待つアウト側に行ってもまずロコ達のGUNボードには太刀打ちできない


ましてやイイ波は全部持っていかれるだろ


それはロコ達の特権でありうちらビジターはは敬意を払わなければならない


ならインサイドボウルで待つか、、、


どうせなら思いっきりデカイ波に乗って打ち砕けるのがいいだろう


そう思い一番アウト方向よりやや後方にポジションを決めた。


ところがだ


そこはSETが来るとかわしきれない場所でもある非常に緊迫した状況下にいる事になる


そこに1本の単発の波が向ってきてテイクオフを始めた


誰も乗ってきていない!


チャンス!!!





乗りきれなかったぁ、、、


気を取り直して再びアウトに戻ろうとすると見たこともない光景が飛び込んできた!


で、でかい


なんともうどうする事も出来ない逃げ場のない状況から8FEETがゆうに超えるであろうSETの波が向ってきたのである。


あぁ、、、


もうどうしようとか考えられないしとにかくパドリングして少しでもダメージを軽減しなければ。。。


少し前にいたサーファーはサーフボードを投げ捨て波の下へとダイブしていた。


へぇ~


そうやって逃げるんだぁ





てんちょはドルフィンで挑んだ、な~んにも考えていなかったのだろう


案の定、とてつもない水量が体全体を呑み込んだ。


今までの経験で一番巻かれた


凄まじい巻かれっぷりで今回のHawaiiで毎日のように記録更新しているようだ


やばいやばい


結構デカイ波でもドルフィンで上手く抜けられる方だと思っていたんだけど、ここでは全然通用せず。


1本、、、2本、、、3本、、、4本、、、5本


始めの2本はもろに食らったけど残り3本は免疫というかあまりにも最初の2本が凄まじかったのでなんとかクリアできた~


お、恐ろしい。。。


これがHawaii、、、North Shoreなんだ


初めて経験する10FEETの波に動揺した


今までのサーフィンは何だったのか?


これが本物の波なんだ


頭の中で葛藤しながらサーフボードに乗りアウトへと向かう


この波を1本でも乗れなくては意味が無い


巻かれるのを覚悟でもう1度同じ場所に戻った


あれにもう1回喰らった、、、


考えただけでも恐ろしい


どうせならパーリングして巻かれた方が気が楽だと思い覚悟を決める


すると


さっきと同じシュチュエーションで単発の波が来た!





ちょっとどピーク過ぎるような気がする。。。


しかも何だこれ!?で、でかい!!!


完全にネガティブになっていた


すーっとボードが走り出し一気に掘れて巻きあがり真下のボトムが見えた


そこから直滑降のようにボードと一緒にボトムに叩きつかれた


真っ逆さまで何の抵抗も出来ずパーリングしたのだ


首から落ち凄い衝撃なのは分かった


そこから海上へ浮上できたがまたいつものパターンだ


3発くらいかな


巻かれまくり


もう必死ですよ 笑


こんな波経験したことない


だけどキツイけどどうしてもあの波に乗りたい!


インサイドまで戻されたのでまた横へとパドリングしてカレントに乗ってアウトへと向かう。


1時間くらいはずっとこんな感じで乗れずじまいだった


もう少しさっきのポジションよりアウトより波待ちした。


そしてようやく2本目となる波に乗れる事となる


長かったぁ、、、笑


綺麗なオフショアに靡かれた波がゴーという音を鳴らして向かってくる


イケーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!


ややレイト気味でレールが紙一重に引っかかってくれて凄いスピードでダウンザラインしていく。引く態勢をとりフェイスへ視線を向ける、、、


波が弧を描くかのように綺麗にブレイクしようとしている


あぁ、、、


すげーなこの波


どこまで続くんだろう、、、


波の中腹をレールを入れては抜き、感触を確かめるように乗り込んでいく


もうそこはインサイドボウル


大きく口を空けて待っているのが分かったがなぜかチューブに入らずボトムへと逃げてしまった。。。


大失敗


あんなでっかいチューブになんか入った事無かったから躊躇したのだろう


ビビり野郎がっ!!!笑


でも次はいってやる!!!


再びアウトへと戻る


しかしアウトは遠いいなぁ、、、


それだけイイ波に乗っていたからなのだ


そしていよいよ今ラウンド最後の1本となる


これがまた凄いライディングになりましてですね、、、自分でも何があったのか理解に苦しみました。笑


2本目よりもサイズは大きかったんだけどピークがやや厚めになっててすごく乗りやすかったのを覚えている。


徐々にインサイドに向かって綺麗なフェイスが見えてきてインサイドボウルに差し掛かったところに先程と同じように大きく口を開けた巻き巻きのチューブが!!!


今度は逆らわずに体をやや縮めてチューブに入る、、、


1、、、2、、、3、、、4、、、5、、、!?


たぶん4~5秒くらいだと思う


出口が見えた


そこには白いラッシュガードを来たサーファーがいる事に気付く


ちょうど出口の延長線上にいたので表情までとはいかないまでもこちらを見ている事は分かった。


も、もう少しで抜けられる!


すると最後の最後で出口が閉まりかけ頭がリップにヒットした、、、


落ちるもんかとバックハンドでレールにしがみつく


すると


何とかワイプアウトせずにチューブを抜けられたのである。





なんとどうなったかは定かでないのだが尻もちをつき、体がグーフィースタンスで出てきたのである


もちろん最後にはバランスを崩して前から落ちたんだけど、これを一部始終見ていたロコサーファーであろう白いラッシュガード来た強面の男に大笑いされつつアロハポーズを向けられた。


こちらは苦笑いしつつもアロハポーズで返す


何ともてんちょらしいというかカッコ良く決められない万年3枚目の男なのだ。


ここがイケメンとの違いだろうと確信したのだった。


彼がてんちょの顔を見届けからアウトに向かったのを見てもう1度アウトに出ていこうかと思ったが、アウトから凄いロコのパーリングを見て


む、無理すんのは止めよう、、、


まぁちょっと煮え切らない部分もあるがあんなデカイチューブに入れた事を喜んでおくべきと思い岸へと向かった。


全身の力というか重りが取れたのが分かった



岸に着くと三脚を立てていたカメラマンと目が合いウインクされ親指を立てていた


そうか


イイ波に乗れてたんだ


そう思ったら何だか少しだけ嬉しくなった




PC・携帯でもHP更新中!!
詳しくはこちらをクリック(携帯でもOK)↓
www.addict-2003.com




スポンサーサイト




Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

ADDICT

Author:ADDICT
ADDICT SURFの店長。
自由きままに生きてます!
座右の銘
「なせばなる何事も」 
「経験(継続)に勝るものなし!」

アゲハ時計
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-